タキタローツアー2000

                         
今年も気合いで行って来ました。

日  時:2000年 7月 1〜2日
参加者:総勢7名(1名は仕事で欠席)
      隊長:S1号氏(大鳥池歴20年強)
      副隊長:T氏(山岳部系)
      隊員:K氏、O1号氏、O2号氏、S2号氏(初参加)、アイル豚秋

目的地:山形県東田川郡朝日村大鳥部落の伝説の巨大魚タキタローの住処「大鳥池」

旅 日 記

 7/1 AM4:00  下花沢の駐車場に集合
             事件発生!副隊長のT氏が都合によりドタキャン...
     AM4:40  赤湯でO2号氏を拾う。
             県道5号、R348、R287経由で西川町へ
             R112に入りファミリーマートで朝食と昼食を購入する。
     AM7:00  道の駅にしかわでトイレ休憩!
             スッキリとし朝日村へと向かう。
     AM8:00  登山道入口に到着、しかし非常にも雨の歓迎。
             ここで事件発生!
             ドタキャンしたT氏が突然やってきた。これは嬉しい。
             なんとか都合をつけてやってきたとのこと。(心強いぜ)
             全員カッパでの出陣となった。
     AM8:30  泡滝ダムより30分遅れで出発。
     AM9:00  順調に登山道を登っててきたがここで衝撃の雪渓にぶちあたる。
             雪渓で登山道がふさがれ立ち往生。
             ここで登場が今回採用したアイゼン!をくつに装着。
             恐る恐る雪渓の上を渡る。スリリングです。
             毎年ここには悩まされる。
             その後は順調に...へびの名所...つり橋(1回目)...
             つり橋(2回目)...
     AM10:30 つり橋(2回目)を渡ったところで休憩
             地獄の壁登りに挑む
             アイル豚秋、S2号氏、O2号、K氏が先頭グループ
             中間のS1号、O1氏、T氏が登る。
             全行程の2/3の体力はここで使われる。
     AM11:40 大鳥池を発見!アイル豚秋...雄叫びをあげる。
             山小屋も見えた。
     AM11:50 昼も目前にしてなんとか大鳥池 タキタロウの山小屋へ到着
             そのごK氏、S1号、O1号、T氏が到着。
             管理人のおじさんに挨拶しお金を払って山小屋入りる。
     PM 0:30 お昼とする。ファミマのおにぎりが美味しく感じる。
     PM 1:30 タキタロウ?釣りスタート
     PM 5:00 釣り終了
             雪解けが遅く人が入っていないため釣果は抜群!
             7名で約60匹を釣り上げた。
             金星:O2号氏がタキタロウの若者(37センチ)
             ちょっとタバコが小さいが???(勘弁してね)
             これには全員が驚いた。
             鼻が割れており顔が鮭に似ている。魚体はイワナと違い白っぽい。
             まさしくタキタロウだ。三回目にしてはじめて拝ませて頂いた。
             アイル豚秋はタキタロウの恋人のヒメマスさんを11匹!記録である。
     PM 7:00 宴会開始
             S1号氏が腕をふるいタキタロウのお造り!ヒメマスのお刺身!
             焼き魚も豪華であった。
             登山者の方々が次々に記念写真を撮りにくる。
             いやー気分がいい。
             山小屋の消灯は早い!
     PM 8:30 速やかに消灯。夜騒ぐと登山者に迷惑がかかる。
             鉄則は「早く飲んで、早く寝る」「ゴミは持ち帰る」である。
 7/2 AM 5:00 いつものくせでアイル豚秋目覚める。
     AM  6:00 みんな起きてきた。
             S1号氏が朝御飯を炊きはじめた。いつもみても素晴らしい。
             荷物を減らすために持ってきたレトルトカレーも美味しい。
     AM  8:00 今日も釣りだ。
             アイル豚秋が水門前で腕を披露。ギャラリーの前で釣り上げた。
             O1号氏の感激にアイル豚秋は有頂天!!
     AM11:30 釣り終了!!
             今日もみんなたくさん釣ってきた。腹腸をとり雪をつめてお持ち帰り!
     PM 0:30 昼食
             最後のメニューは究極のヒメマスのバター焼き!絶品です。
     PM 2:30 掃除をして山小屋に別れを告げる。
             管理人さんといつものように記念撮影。
             下山開始!帰りも当然大変です。
             順調につり橋2本をクリア
             ここでまたまた雪渓が邪魔をする
             ぽっかり穴が???死にそうである。
             隊長が偵察に行く!危ないので山側を歩く
             副隊長はピッケルを手に雪渓を確認。
             なんとか全員無事に雪渓をクリア!命が2個は欲しい。
     PM 4:30 サンダル婦人と彼氏に出会う。
             なんとも無謀な姿で登ってきた。山をなめては困る。
     PM 5:30 ようやく車の場所に到着。疲れた!
             河で体を洗いさっぱりとして大鳥部落のタキタロウ館へ向かう。
             ここで初めて飲み物にありつける。(うまい)
             タキタロウ館で昨日釣ったタキタロウが本物かを確認し納得する。
     PM 6:00 米沢を目指し走りだす。
             遅いので山形道を選択し月山から山形蔵王まで高速!
             高くて怖い高速だ。
             県庁舎前のセブンイレブンで休憩し、まずは解散とした。
             赤湯経由チーム、米沢直行チームとに別れて帰る。
     PM 9:30 ようやく下花沢の駐車場に到着!ここで全員解散。
             過酷な1泊2日の旅でした。
             全員無事に帰ってこれてよかったよかった!! おわり。
             
             
注:山はきちんとした経験者と、万全な装備で登りましょう。
               事故が起きてからでは大変です。