タキタローツアー2003

恒例行事となってきました!(6回目)

「戻る」



日    時: 2003年 6月7日(土)〜8日(日)
参 加 者: 総勢3名 比隊長、S隊員、、アイル豚秋(今回は少数精鋭でのツアーでした)
目 的 地: 山形県東田川郡朝日村大鳥部落の伝説の巨大魚タキタローの住む「大鳥池」
関連WEB: 比隊長の「TAKITAROの部屋」、アイル豚秋の「さかな釣りの部屋」

旅 日 記

6/7(土) 米沢市内の某社の駐車場にAM4:30に集合です!
メンバーが3人と少ないのと高速道路の開通で例年よりも30分遅い集合でした。
僕の大鳥池ツアーも今年で6回目、そろそろ「通」でしょうか?
今年のテーマは体に負担をかけずにず荷物を極力コンパクトに挑みました。
そして新しくこの冬に購入したデジカメで大鳥池の大自然を撮ることです。
1年間、プールで鍛えた成果を試すチャンスでもあります。
今回もショイコを背負って片道3時間の山登りを頑張りました。
装備も抜かりなく、食料、熊よけの鈴、雪渓用にアイゼンと万全ですよ。

どうだい、決まってる?気合いも十分これから登ります。

今年も雪渓に泣かされるかな?と思ったら意外にも雪解けが進んでいる。ラッキー

それでもやはり毎年ブルーな場所はいつも通りです。岩が土砂が落ちて来るぞぉ〜


毎年、ブルーな雪渓も今年は安心して渡れました。登れ登れぇ〜


一つ目の吊り橋を渡ればで一回目の休憩です。


二つ目の橋で心臓破りの坂に挑む前の休憩(ここからが本番です)

切り株でちょいと休憩中!でもすぐに虫がよってきます。

この雪の壁を登りきれば大鳥池です。あと少しだ!

ようやく大鳥池に到着です。天気に恵まれました!

目の前に大鳥池が!疲れもぶっ飛びます。

1年ぶりの大鳥池、今年もきたぞぉ〜

ようやく大鳥池に到着です。昼飯は山小屋でラーメンを煮て食べ午後は釣り三昧!
念願のイワナ(30センチ)をまぐれで釣り上げご機嫌です。


山小屋でお隣の宮城からやってきた若者達は夕暮れ時まで粘ってる。


夜は釣った魚とショイコに積んできたお酒で宴会です。
ヒメマスとイワナのお造りにそして最後はヒメマスの漬け丼です。
お隣の若者チームにもしっかりとご馳走!


イワナの塩焼きは僕の担当。お刺身の残りの骨や頭もしっかり焼いて酒のつまみです。

毎年、お造り担当の比さん!美しいイワナとヒメマスにえびす顔だよ。

6/7(日)

翌日も比隊長とS隊員は釣りにと頑張ります。
小生はさっさと釣り道具をしまいこみ写真撮影とお昼寝です。


お昼までゆっくりと大鳥池での時間を楽しんだ。
お昼を食べ山小屋を掃除し、いよいよ下山です。やはりお決まりで記念撮影!


難所の雪渓の前で歩くコースを探る比隊長。


雪渓の上でS隊員がバランスを崩す?


約2時間ちょいの下山を無事終えた。登山口でもまたまた記念撮影!


ようやく車も見えました。

毎度お馴染みのモリアオガエルの卵です。しっかりと観察中の比隊長です。

モリアオガエルも発見!ラッキー、目がオレンジ色だよ。おしゃれ?
来年もまた来るぞ!
隊長、宜しくね。

追 伸
山に来る時はしっかりとした装備と食料を必ず持って来ましょう。